About us

私たちについて

*

Mission

日本一の果実堂の
技術をもとにアジアの
農業産業化に貢献する

私たち果実堂テクノロジーは、「経験者の記憶と勘」が頼りだったこれまでの農業から誰が携わっても効率的に収穫量が増え安定する、新たな考えの農業を提案します。

新規就農者や、新規で農事業に取り組む企業様のお手伝いをすることで日本、そしてアジア全体の農業産業化に貢献したいと考えています。

*

*

Approach

私たちは、「科学的見地に基づき、作業に見合った収穫量・売上が得られる農業」を目指します。
そのために、農業におけるすべての工程を見直し、数値化・マニュアル化。
私たちが企業様、個人農業就業者様に対し行うアプローチの一例についてまとめました。

  1. 1サイエンス

    土壌分析
    土壌分析を行い、育てたい作物との相性、よりよい土壌にするために必要な肥料などを科学的に算出します。
    植物生理学的対応
    育てたい作物の適温や灌水、施肥の管理について調査。土壌の状態と組み合わせて最適な育て方を提案します。
  2. 2オペレーション

    マニュアル化
    農業に関する作業をすべてリスト化・マニュアル化。誰でも間違いなく効率的に作業ができる環境を整えます。
    人材育成
    農事業に特化した人材育成の独自プログラムを作成。未来ある農業者を育てます。
  3. 3テクノロジー

    IoTを活用した農業
    東京大学発のベンチャー企業 SenSprout社の土壌水分センサーを用い共同開発した灌水制御システムは、Webを通して適量の灌水を遠隔で行うなど、IoTも積極的に取り入れます。
    機械化
    農業機械の開発協力も行っています。トラクターに取り付ける播種機や自走する収穫機、工場で使うミックス機など。大規模な農業を行う際、最適な機器が見つからない場合もご相談ください。

Message

イレギュラーをなくし、
効率的に安定した
収穫量が得られる農業へ

株式会社果実堂テクノロジー
代表取締役社長

高瀬 貴文

日本の農業について「大変」「稼げない」というマイナスイメージを持たれている人もいるかもしれません。確かにこれまでの農業は、経験者の記憶と勘頼りで、経験者の不在や天候といった“イレギュラー”が収穫量を左右するとされていました。さて、イレギュラーというのはあるのでしょうか?

起こっている事象を科学的に記録、冷静に判断して、予想して行動を取る、そうすればおのずと収穫量は上がっていきます。科学的に根拠のあるマニュアルに従い、無駄のない作業を行うことで「誰でも」「効率的に」収穫量が得られる農業が実現します。よってイレギュラーはないのです。
私たち果実堂テクノロジーは、こういった農業へのアプローチをご提案する農業コンサルティングの会社です。

現在私たちがコンサルとして携わっているのは、農事業に取り組む企業様が中心。今後は、自治体とも力を合わせ、個人の新規就農者の事業化も支援していきたいと考えています。
農業を通し、日本、そしてアジア全体を活性化していく。それが私たちのミッションです。

経歴

2001年4月 住友不動産㈱入社
2008年9月 ㈱西日本農業社入社
2011年3月 ㈱果実堂入社 技師長
2013年4月 同社 栽培管理部 部長・技師長
2015年1月 同社 執行役員 技術開発本部長 兼 栽培管理本部長・技師長
2015年6月 同社 取締役 技術開発本部長 兼 栽培管理本部長・技師長
2015年11月 うれしの農園㈱ 取締役
2016年11月 ㈱果実堂テクノロジー 代表取締役社長(現任)
2019年12月
  • うれしの農園㈱ 代表取締役社長就任(現任)
  • ㈱果実堂 代表取締役社長就任(現任)

講演実績

  • EPEC施設園芸・植物工場展
  • 大阪府立大学
  • 鹿児島銀行
  • 一般財団法人機械振興協会 技術研究所
  • 九州インダストリアル・エンジニアリング協会
  • 経済産業省 九州経済産業局
  • 静岡県
  • 総務省 九州総通信局・九州農政局
  • 中讃地区農業後継者クラブ
  • 公益財団法人富山県新世紀産業機構
  • 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)
  • バイオテクノロジー研究推進会
  • パソナ農援隊
  • 富士通株式会社
  • 一般社団法人 北海道再生可能エネルギー振興機構
  • 北陸先端科学大学院大学
  • 三重県
  • 山形庄内幼葉研究会
  • UECS研究会ユビキタス環境制御システム研究会
  • 株式会社リベルタス・コンサルティング

Contact

「新しく農業を始めたいが何をすれば…」「経験や勘に頼らず収穫量を多くしたい」といった農業に関するお悩みをお持ちの方に、解決法をご提案いたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

サイトマップ

Kajitsudo Technology Co.,Ltd

BACK TO TOP